mkarinto’s diary

HSPのマイペースな日常を綴っていきます

障害を理解できる人とは

YouTubeに障害児を顔出しでUPされている人がいるけど、

動機はなんだろうかと思う。

 

人それぞれとは思うけど。

共感、同情してほしいのか。

 

世の中そんな良い人ばかりならいいけど、アンチもいる。

結果、傷ついて泣いてしまうはめに、、、

 

ただでさえ、悩み、孤立になりがちなのに、

 

わざわざ、アンチのコメントを取り上げて、動画にされていたけど、

時間とエネルギーの無駄かと。

 

そんなコメント、即ブロックして、ごみ箱へ、ポイ、でいい。

 

そんな動画を作ってる暇があるなら、少しでも子供と

楽しい時間に費やす方がいいのに。

 

どんな事にも言えるのだけど、物事の大変さは、

実際に経験した人にしかわからない。

 

動画をUPするメリットって、そんな未知の世界を

不特定多数の人に知ってもらうこと。

 

それにより、いろいろ考えさせられることがあるし、

自分を見つめなおすきっかけにもなるよね。

 

私が衝撃を受けたのは、てんかん発作の動画。

実際に遭遇したことがなかったので、

観た時は、とてもショックだった。

 

世の中には、いろんな苦労をされている人がいるのだと。

 

そんな人に、心無いコメントを送る人もどうかと思うけど、

そこはスルーして、発信してほしいな(*´▽`*)

 

 

 

 

  <a href="https://mental.blogmura.com/datsuhikikomori/ranking/in?p_cid=11085722" target="_blank" ><img src="https://b.blogmura.com/mental/datsuhikikomori/88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 脱ひきこもりへ" /></a><br /><a href="https://mental.blogmura.com/datsuhikikomori/ranking/in?p_cid=11085722">にほんブログ村</a>    

 

 

 

 

 

 

 

 

デイケアセンターの見学

f:id:mkarinto:20210418114233j:plain

↑ 冬場、寒さのせいか枯れ気味だったけど、暖かくなり新芽が出てきた🍃

 

 

 

二月末に仕事を辞めてから、進路が決まらずに過ごしてきた。

本人はどう感じているのかわからないが、

親である自分は、焦りを感じていた。

 

そして、社会福祉課の勧めにより、病院に併設された

デイケアセンターの見学に行ってきた。

 

到着時は、利用者さんたちは外出中で、

看護師さんお一人で、施設内の案内をしてくださった。

 

制作品や、遊具など丁寧に説明していただいた。

その看護師さん、ちょっとユーモアがあり、

勝手に親近感がわいてしまった(*´▽`*)

 

一通り案内が終わると、パンフレットをいただき、

今後のスケジュールなどの説明を受けた。

 

利用者さんは、中年以降の方が多いよう。

そこが引っ掛かった。

 

説明を受けている最中に、利用者さんたちが、

戻ってこられた。

 

皆、静かに席に座り、終了の会を待たれていた。

見回すと。30代くらいの男性が二人ほど、

おられた。

 

二十代の息子には、どうかな。。。

 

とりあえず、申し込みの手続きを済ませた。

 

帰りに市役所に寄り、施設利用の際の書類をもらってきた。

 

これまでの作業所と違い、働く場所ではない。

息子曰く、、、

 

「お金を稼ぎたいけど、友達もほしいから、できたらいいな。。」と。

 

なるほど、リア友ほしいよね。

 

仕事は、短時間の仕事を探し中。

 

焦らず、頑張ろう(^^♪

 

 

 

 <a href="https://mental.blogmura.com/datsuhikikomori/ranking/in?p_cid=11085722" target="_blank" ><img src="https://b.blogmura.com/mental/datsuhikikomori/88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 脱ひきこもりへ" /></a><br /><a href="https://mental.blogmura.com/datsuhikikomori/ranking/in?p_cid=11085722">にほんブログ村</a>    

物件見学に行ってきた🏡

家探し中。

先日、夫と息子の三人で売り出し物件を見学してきた。

そこは、まだ居住中。

築30年近くだけど、とても綺麗に使われていた。

間取りもいい感じ。

一時間ほど、じっくり見学させてもらった。

 

三日後に、別の見学希望者がいるようで、

早く返事をしなければならない。

帰宅後しばらくして、息子からLINEがきた。

 

「そこに決めるの?」と。

 

「母さんは、OKだよ」

 

すると、

 

「立地がきになる。。。」と息子。

 

どうやら、近くにある公園と中学校がトラウマみたいだ。

 

息子は中学生になり、不登校となった。

その原因となった友達と遊んだことのある公園だったらしい。

 

そっか。。。

それは可哀そうだな。。。

 

言われてみれば、中学校は確かにトラウマかも。

息子が突然不登校になり、悩みに悩んだ時期だった。

 

そのことを夫に伝えた。

夫は、この数か月あちこち探し回り、やっといい物件に会い、

決めたかったようだ。

その後、夫からのメール内容から、イライラ感が伝わってきた。

 

どうしよう。。。

 

次、いつ決まるかわからない不安の中、

息子の気持ちを無視するわけにはいかない。

 

夫も渋々受け入れてくれた。

その代わり今後は、私や子供たちも物件探しに協力するからと伝えた。

 

残念だけど、仕方ない。

 

年内には決めないと(;´・ω・)

 

 

 

 

 

   <a href="https://mental.blogmura.com/datsuhikikomori/ranking/in?p_cid=11085722" target="_blank" ><img src="https://b.blogmura.com/mental/datsuhikikomori/88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 脱ひきこもりへ" /></a><br /><a href="https://mental.blogmura.com/datsuhikikomori/ranking/in?p_cid=11085722">にほんブログ村</a>   

 

 

 

 

 

 

職場の男の子

かねてから交流のあった自閉症の男の子。

先日、彼から話しかけてきた。

「最近、担当部門を外れて、毎日いろんな部門を回っている」と。

 

それを聞いたときは、、

ああ、人手がたりないから応援にいっているのかと。

 

ところが今朝出勤すると、彼は業務用の掃除機を抱えてロビーや事務所の

掃除をしていた。

 

その数十分後、放送で呼び出され、ある部門へ来てくださいと。

 

そして、数十分後通り過ぎると、また掃除機をかけていた。

 

そういうことか。。。

 

実は、数日前、事務所で男性数人の会話が聞こえてきて、

それが彼の噂話だと察した。

彼が必要とされていないことが読める。

 

私は心配になり、LINEでメッセージを送った。

 

毎日部門が変わって、大変じゃない?

 

数日たっても既読にならない。

 

心配になってきた。

 

 

 

 

  <a href="https://mental.blogmura.com/datsuhikikomori/ranking/in?p_cid=11085722" target="_blank" ><img src="https://b.blogmura.com/mental/datsuhikikomori/88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 脱ひきこもりへ" /></a><br /><a href="https://mental.blogmura.com/datsuhikikomori/ranking/in?p_cid=11085722">にほんブログ村</a>   

家探し

家族が住んでいる家は、借家の一戸建て。

かれこれ10年になる。

元々、10年契約で、その後一年ごとの更新をしている。

ところが、数か月前に大家さんから、家を売りたいので買い取りしてもらえないか?

との問い合わせがあった。

 

夫は、買い取りしてリフォームをしたいようだった。

そして、広い部屋を分割して私の部屋を作るから、一緒に住みたいと。

 

ところが、買い取り金額とリフォーム代を合わせると、予算ギリギリ(;´・ω・)

悩み続けた結果、買い取りは諦めることにした。

 

それからは、近所の売り出し物件を片っ端から見学に行っている夫。

毎回メールで報告がくる。

 

大抵は、既に先客がいて、二番手、三番手となってしまうようだ。

条件の良いところは、皆狙っているからね。

 

こんな経済が不安定な時期でも、高い買い物をする人は沢山いるんだ。

 

うちの場合は、息子のために、という目的もある。

稼ぎが少ない息子に、せめて家だけでもあればと願う。

 

自宅を出てもうすぐ一年が経とうとしている。

そこで感じたこと。

ここの家賃代を息子のために、貯めておいてやれば良かったと。

 

HSP気質だからと家を出て、ひとり気ままに暮らしてきた。

それはとても有難い環境で、できればこのまま続けたいと思う。

 

一方で、このままでいいのだろうかと自責の念に苛まれる。

もし、自宅に戻っても、また出たくなるのではないか。

 

そんな葛藤を抱えながら、あとどれくらいここに住めるのだろうかと、

未練たらたらと過ごしている。

 

 

 

 <a href="https://mental.blogmura.com/hsp/ranking/in?p_cid=11085722" target="_blank" ><img src="https://b.blogmura.com/mental/hsp/88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ" /></a><br /><a href="https://mental.blogmura.com/hsp/ranking/in?p_cid=11085722">にほんブログ村</a>

 

 

 

 

 

 

ハローワークへ行ってきた

桜が満開で、穏やかな日。

お昼前に息子に電話をすると、眠そうな声が返ってきた。

 

やっぱり。。。

 

こんないいお天気に、家にいるのはもったいない気分だったので、

外へ連れ出そうと決めた。

 

そこで、ハローワークへ行かないか?

と尋ねると、いいよ、とのこと。

 

一時間後、車で迎えに行き向かった。

 

久しぶりに訪れたハローワーク

息子にとっては初めての場所。

 

まず、登録することに。

一枚の用紙、両面びっしり記入しなければならない。

 

息子はこういうのが苦手だ。

とにかく書くのが遅い。

丁寧はいいのだけれど。

 

資格欄は、相変わらず空白。

 

職歴は、かろうじて前職を記入できた。

 

しばらくして、受付に呼ばれたが、障害枠の方へ案内された。

こちらは、週20時間以上の勤務になるらしい。

 

息子は、超短時間を希望しているので、

今のところ該当しない。

 

とりあえず今日は登録だけ。

 

インターネットでも検索できるので、

探しながら、作業所に通いたいとのこと。

しばらくは、この状態が続きそう。

 

息子の春はまだ遠い。。。

 

 

 <a href="https://mental.blogmura.com/datsuhikikomori/ranking/in?p_cid=11085722" target="_blank" ><img src="https://b.blogmura.com/mental/datsuhikikomori/88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 脱ひきこもりへ" /></a><br /><a href="https://mental.blogmura.com/datsuhikikomori/ranking/in?p_cid=11085722">にほんブログ村</a>   

 

 

お花見とパニック障害

 

f:id:mkarinto:20210327222101j:plain

 

 

コロナがまだ終息していない中、

久しぶりの遠出をした。

何か月ぶりだろう。

電車で出かけたのは。

 

電車に乗ると、パニック発作が起きるときがある。

パターンがあって、帰りより行きの時に発作が起きやすい傾向がある。

 

行きは、各駅停車の普通電車にしか乗れない。

駅についても、快速電車を見送りとなる。

そのため、目的地に着くのにすごく時間がかかる。

 

今日は、乗り換え先の普通電車に乗った途端に、

心臓がバクバクしてきて、ヤバいと感じ、

ドアが閉まる前に降りてしまった。

 

普通電車なのに。。。

 

今回、なぜ普通電車で発作が出たかはわかっている。

 

以前、同じ路線の快速電車に乗って、発症し、次の駅で降りた記憶が

よみがえったからだ。

 

そしてトイレへ行き、しばらく構内を歩き、自分に、

大丈夫、大丈夫と言い聞かせていた。

 

友達との待ち合わせ時間が迫ってきているため、

早く電車に乗らなければと焦りながらも不安感が治まらない(汗

 

こういう時は、携帯を取り出し、イヤホンをつけ、

おもしろ動画を観るようにしている。

 

そして、電車に乗り、とにかく気を紛らわせなければと、

外の景色を見ながら、イヤホンに耳を傾ける。

 

ドアが閉まる瞬間、不安感がよぎったけど、なんとか、

発症せずに目的地に着いた。

 

本当に、なんとかならないものか。。。

治療が必要なのか。

 

ただ、大抵帰りは、疲れているせいか、緊張感もなく、

電車に乗っていられるのだ。

 

明らかに精神的なもの。

 

 

そんな苦労をしてたどり着いた先は、

見ごろの桜と好天に恵まれ、とても癒された🌸

 

人も、密ほどではなく、過ごしやすかった。

 

 

 

 

 

 

   <a href="https://mental.blogmura.com/hsp/ranking/in?p_cid=11085722" target="_blank" ><img src="https://b.blogmura.com/mental/hsp/88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ" /></a><br /><a href="https://mental.blogmura.com/hsp/ranking/in?p_cid=11085722">にほんブログ村</a>